Outline of ProMED-mail posts

2011/01/18

human rabies – Philippines in 2011

Filed under: rabies — support @ 9:04 PM

ProMED-mail アーカイブ
2010年
Rabies, canine, human – Philippines (**)
URL https://outbreaks.biz/2010/11/20/human-rabies-philippines/

2011年
ProMED-mail Archive Number 20110115.0174
Published Date 15-JAN-2011
Subject PRO/AH/EDR> Rabies – Philippines: (I0), canine, human
Date: Sat 15 Jan 2011
Source: Panay News [edited]
URL http://www.panaynewsphilippines.com/headline.htm

フィリピン [中部ヴィサヤ諸島] 西ヴィサヤ地方 Iloilo イロイロ州
3 in Brgy. Botong [barangays], Badiangan town [municipality]

母親(38歳)は 2010年6月22日、生後約 3か月の子犬 1匹に咬まれ、医療機関受診をためらい、死(2011年1月8日)の前でも狂犬病ウイルス感染を否定した (2011年の死亡 1例目)。彼女の家族の 父、夫、娘は免疫グロブリンとワクチン接種を受けた。母と子ども 2人は暴露前治療を受けていた。彼女と一緒に咬まれた姉/妹 1人はワクチン接種を受けた。

48 persons died due to rabies – Sri Lanka

Filed under: rabies — support @ 4:51 PM

ProMED-mail Archive Number 20110117.0201
Published Date 17-JAN-2011
Subject PRO/AH/EDR> Rabies – Sri Lanka: (GE) canine, human

Date: Mon 17 Jan 2011
Source: The Daily Mirror [edited]
URL http://print.dailymirror.lk/news/news/33112.html

Sri Lanka スリランカ民主社会主義共和国では、[スリランカ人] 56人(2007年), 51人(2008年), 56人(2009年), 48人(2010年)が狂犬病で死亡。

[同国では、多くの狂犬病患者の原因は domestic dogs 飼い犬。ProMED-mail 20100621.2081 ]

2010年 48人 (Epidemiology Unit 統計による)の発生県 (District)

Western 西部州 (Province)
 Gampaha 県 6 人

Eastern 東部州
 Batticaloa 県 5 人

Southern 南部州
 Galle 県 5 人 : 2010年だけで 81 690匹の犬にワクチン接種した。
 南部州では他の県の発生なし

[他の発生県 20100621.2081
北西部州 [州都] Kurunegala クルネーガラ県、Puttalam プッタラム県 など

2010年初めの 8か月間で狂犬病患者 28症例。20100910.3264
]

A problem is that in future, as there will be no World Bank assistance, the contract-based projects [have] had to be stopped, she [Galle district epidemiologist Dr. Mrs. Sriyani Jayasuriya, added].

2011/01/17

Legionella longbeachae contamination – potting soil – Canterbury – New Zealand

Filed under: legionellosis — support @ 2:25 PM

ProMED-mail Archive Number 20110116.0189
Published Date 16-JAN-2011
Subject PRO/EDR> Legionellosis – New Zealand: (CA) potting soil, alert
Date: Fri 14 Jan 2011
Source: NZNews.yahoo.com, Newstalk ZB report [edited]
URL http://nz.news.yahoo.com/a/-/top-stories/8646467/warning-after-legionnaires-disease-spike/

A record spike in the number of people with legionnaires’ disease has prompted the Canterbury District Health Board to issue a warning about the dangers associated with potting mix ([そのまま使えるように配合された] ポッティングミックス) and [potting] compost ([ブログ投稿者注: 殺菌消毒されていない] 培養土、苗床用の土).

ニュージーランド 南島 Canterbury カンタベリー地方では、2010年の legionnaires’ disease ( legionellosis レジオネラ感染症 レジオネラ症) 患者 62人を記録し、このうち 22人は (2010年)12月、1か月間だけの記録(過去最多)であった。これら症例の 2/3は gardening soil 園芸用の土に関係する [グラム陰性桿菌] レジオネラ属菌の 1種 [Mod. ML氏解説: Legionella longbeachae レジオネラ ロングビーチエ] によるものであった (Medical officer of health 保健局医務官 Dr Alistair Humphrey 氏発言)。
3人は ICU室で治療し、1人は死亡した。
2010年11月の症例 8人。同地方では 2010年、レジオネラ症で 4人死亡し、患者 1人は かなり悪い状態が続いている(ICU 利用中)。

[Mod. ML氏解説:
see ProMED-mail post
Legionellosis, potting soil – USA: May-Jun 2000 20000904.1503
and
Japan (Koide M, Saito A, Okazaki M, et al: Isolation of Legionella longbeachae serogroup 1 from potting soils
in Japan. Clin Infect Dis 1999; 29(4): 943-4;
URL http://cid.oxfordjournals.org/content/29/4/943.long
), as well as
Australia, New Zealand, and the UK (see below).

[Wikipedia http://en.wikipedia.org/wiki/Potting_soil ]

Ross IS, Mee BJ, Riley TV. Legionella longbeachae in Western Australian potting mix. Med J Aust 1997; 166(7): 387.

殺菌消毒されていない potting soil 鉢植え用の土は細菌や free-living amoeba 自由生活性アメーバを含み、保存中の温度が上昇すると、その土の中に生息する Legionella longbeachae がアメーバの体内で発育する可能性がある。
]

参照 URL http://www.city.yokohama.jp/me/kenkou/eiken/idsc/disease/legionellosis1.html
横浜市衛生研究所「レジオネラ症について」

dioxin – contaminated feed fat – Germany

Filed under: dioxin — support @ 11:45 AM

[追加 2011-01-17 11:43]
ProMED-mail Archive Number 20110116.0192
Published Date 16-JAN-2011
Subject PRO/AH/EDR> Dioxin feed contamination – Germany (03): official report

Date: 14 Jan 2011
From: Dr. Karin Schwabenbauer
Chief Veterinary Officer
Federal Ministry of Food, Agriculture and Consumer Protection
Berlin, Germany

The Federal Ministry in charge [担当ドイツ連邦省]

当局による公式発表
German dioxin incident: state of play and measures (13 Jan 2011)

ダイオキシン汚染の脂質は本来、technical purpose 工業の目的で利用される予定であったが、ドイツの one feed fat producing company 飼料油脂生産会社 1社で [家畜]飼料の脂質に違法に混合された。

Analysis of compound feed produced with contaminated feed fat indicated a contamination level of 1.1 to 1.5 ng WHO- PCDD/F-TEQ /kg product. (The EU maximum level is 0.75 ng/kg product.)

家畜飼料や生産物 — 特に 卵および肉 — は、EUの法律で許可されたレベル以上の高い値のダイオキシンを含まないと証明されるときのみ、当局は禁止を解除する。

豚肉に関しては現在まで、臨界値のダイオキシンは 2農場 (holding)で検出された (現在、規制下の 490施設中)。汚染した動物からの生産品 (卵および肉)は遡って、破棄される。

More general information about food and feed safety, including the actual dioxin incident are available from the Federal Institute for Risk assessment, URL http://www.bfr.bund.de , the Federal Office for Consumer Protection and Food Safety, URL http://www.bvl.bund.de , and the Federal Ministry for Food, Agriculture and Consumer Protection, URL http://www.bmelv.de .

[以下は初回投稿]
URL http://goo.gl/lNCur [URL短縮 Google]
URL http://www.google.com/buzz/101683548564074178620/azJNWMedQFJ/ProMED-mail-PRO-AH-EDR-Dioxin-feed-contamination
日本の農林水産省 報道なし[2011年1月9日時点] URL http://www.maff.go.jp/j/press/

Archive Number 20110108.0096
Published Date 08-JAN-2011
Subject PRO/AH/EDR> Dioxin feed contamination – Germany (02): farms & food concern
[1] Date: 7 Jan 2011 Source: NY Times [edited]
URL http://www.nytimes.com/2011/01/08/world/europe/08dioxin.html?_r=1&hp
[2] Date: 7 Jan 2011 Source: Speigel On line [edited]
URL http://www.spiegel.de/international/germany/0,1518,738337,00.html
[3] Date: 7 Jan 2011 Source: BBC [edited]
URL http://www.bbc.co.uk/news/world-europe-12139407
[4] Date: 7 Jan 2011 Source: The Guardian [edited]
URL http://www.guardian.co.uk/world/2011/jan/07/dioxin-alert-eggs-enter-uk-german-farms

Archive Number 20110105.0053
Published Date 05-JAN-2011
Subject PRO/AH/EDR> Dioxin feed contamination – Germany: swine & poultry farms

Date: Tue 4 Jan 2011
Source: Pig Progress [edited]
URL http://www.pigprogress.net/news/dioxin-contaminated-feed-causes-pig-farms-to-be-quarantined-6844.html

ドイツからの輸入製品販売禁止 2011年1月7日、韓国および Slovakia スロバキア[1993年、チェコスロバキアから分離独立]
英国、オランダ マヨネーズなどの商品調査中。
英国内で販売された ケーキ、quiche キッシュに使われた pasteurised liquid egg 低温殺菌した液状卵から違法な濃度のダイオキシン検出 ( Food Standards Agency 食品基準庁 [6 Jan 2011])。

ドイツ国内の閉鎖農場 4700 ファーム以上 (5000)。
2011年1月3日発表後、微量のダイオキシンを含む家禽飼料添加剤 最大 3000トン(ドイツ農業省)。= 家禽 (ニワトリ、七面鳥)、ブタの飼料として最大 150 000 トン

発がん性ダイオキシンによる汚染は 2010年3月に遡る( 1社サンプル調査より)。
動物飼料中に最大許容量 0.75 nanograms ナノグラム/Kg の 2 – 10 (10.05 ナノグラム) – 77 (58 ナノグラム)倍のダイオキシン検出。
ドイツ農業省が この違反を知ったのは、2010年12月27日。

ProMED-mail アーカイブ
2011年
Dioxin feed contamination – Germany (03): official report 20110116.0192 [当ブログエントリー]
Dioxin feed contamination – Germany (02): farms & food concern 20110108.0096 [当ブログエントリー]
Dioxin feed contamination – Germany: swine & poultry farms 20110105.0053 [当ブログエントリー]

2010年
Dioxin contamination – Germany, Netherlands (03): eggs, organic 20100514.1570
ウクライナ産の dioxin ダイオキシン汚染飼料用トウモロコシはドイツ国内のすくなくとも 9州の農場に供給された (ドイツ人権保護協会)。
4:45 AM May 15th 2010
Twitter http://twitter.com/TweetMedmail/status/14032865678

Dioxin contamination – Germany, Netherlands (02): eggs, organic 20100513.1554

Dioxin contamination – Germany, Netherlands: table eggs, organic 20100511.1540
ウクライナからの動物飼料用穀物のダイオキシン汚染により、ドイツ、オランダの採卵農場 計 27施設閉鎖。少なくとも 1週間は卵の販売禁止
12:31 AM May 12th 2010
Twitter http://twitter.com/TweetMedmail/status/13837945462

以前(2008年-)のタイトル等省略

2011/01/15

Murray Valley encephalitis – Australia

Filed under: Murray Valley encephalitis — support @ 1:22 PM

[追加 2011-01-15 14:05]
オーストラリアでは、日本脳炎ウイルスグループの Murray Valley encephalitis virus マレーバレー脳炎ウイルス による感染症の流行は 1917年から計7回。宿主[鳥] – ベクター[主にイエカ属種]。 感染者 1千人あたり 1人発症し、死亡率 25%, 神経学的後遺症 25-50%。同国南東部での発生は 北部・中部での豪雨・洪水の後にみられる。
オーストラリア北部 (Western Australia [西オーストラリア州] および the top end of the Northern Territories [ノーザンテリトリー/北部準州 トップエンド])で風土病。
Twitter http://twitter.com/TweetMedmail/status/26140182080131073

[以下は初回投稿]
オーストラリア南東の内陸部
2つの河川 (Murray, Darling)による Murray-Darling basin マレー ダーリング流域
で、1917, 1918, 1925, 1951年の1月から3月にかけて、脳炎が流行した。

Flaviviridae フラビウイルス科 Flavivirus フラビウイルス属で、日本脳炎ウイルスグループ内 Alfuy virus 近縁の Murray Valley encephalitis virus MVEV マレーバレー脳炎ウイルスによる。

[*] 前の年の11月に洪水を起こすに十分な降雨過多があった。

Am J Public Health Nations Health. 1952 December; 42(12): 1519–1521.
Frank MacFarlane Burnet
Murray Valley Encephalitis
URL http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1526305/

約 50%の死亡率の重症脳炎が、成人よりも小児によく見られた。
1951年、人口 約20 000人の地域で 12人の患者発症。血清学的検査では 1地区の成人の30%が陽性であった。

[*] In the year preceding each of the epidemic years 1917, 1918, 1925, 1951, there was abnormally high rainfall in Western New South Wales in the winter (May-July) and a heavy excess of early summer rainfall in November over the headwaters [源流/上流] of the Darling. The latter seems to be the most important factor.
Since 1913 a November excess sufficient to produce flooding has occurred in onlyfive years, 1916, 1917, 1924, 1933, 1950. All except 1933 were followed by outbreaks of encephalitis in the area we are considering.

カ科イエカ属の 1種 Culex annulirostris を主なベクターとする。
自然宿主は 水鳥などの鳥類 ( bird-mosquito-bird cycle)。
ヒトからヒトに伝染しない。
Wikipedia URL http://en.wikipedia.org/wiki/Murray_Valley_encephalitis_virus

The first epidemics of MVE occurred in 1917 and 1918 in Southeastern Australia following years of high rainfall. The virus was isolated from human samples in 1951 during an epidemic in the Murray Valley, Australia.

Murray Valley encephalitis ProMED検索 期間 1994年1月-2011年1月

Murray Valley encephalitis – Australia (02): (NT) not 20100424.1320
Kunjin/Murray Valley encephalitis viruses – Australia: taxonomy 20100417.1251

[Mod. CP氏解説:
In the 8th ICTV Report Kunjin virus and West Nile virus are grouped together (as members of the West Nile virus species), whereas Murray Valley encephalitis virus is considered to be close to Alfuy virus (together forming the Murray Valley encephalitis virus species). Both species are members of the Japanese encephalitis virus group of flaviviruses. ]

Murray Valley encephalitis – Australia: (NT) 20100416.1227
「激しい頭痛、高熱、傾眠、痙攣が、特に幼ない子どもにみられる。治療を行っても、患者の 25%は死亡し、少なくとも 25% [の症例で] 神経学的影響が残るであろう。…」

Murray Valley encephalitis – Australia (07): (NT) 20090528.1986
Murray Valley encephalitis – Australia (06): (NT) 20090520.1892
Murray Valley encephalitis – Australia (05): (WA) 20090518.1857
Murray Valley encephalitis – Australia (04): (NT) fatality 20090325.1165

[Mod. CP氏解説:
Murray Valley encephalitis virus (MVEV) is endemic in northern Australia (Western Australia [西オーストラリア州] and the top end of the Northern Territories [ノーザンテリトリー/北部準州 トップエンド]).
In northern Australia sporadic cases or small outbreaks of MVE occur every few years, usually during the wet season.
There have been 7 major outbreaks of MVE in Australia since 1917. The last was in 1974 when 58 cases were reported from all mainland states. Since 1974 nearly all cases of MVE have occurred in the north of Western Australia and the Northern Territory, with occasional cases in Queensland, central Australia, and central regions of Western Australia. Serological studies show that only 1 in 800-1000 people infected developed clinical disease. Of those that did, 25 percent have died and a further 25-50 percent have been left with permanent neurological damage.
MVEV activity occurs only occasionally in south-eastern Australia, usually after heavy rains and flooding in northern and central Australia, and it is likely that these epidemics have also resulted from reintroduction of the virus.]

Murray Valley encephalitis – Australia (03): (WA), background 20090316.1066
Murray Valley encephalitis – Australia (02): (WA) 20090314.1055
Murray Valley encephalitis – Australia: (WA), alert 20090306.0936
Murray Valley encephalitis – Australia (NT): alert 20040421.1109
Murray Valley encephalitis – Australia (NT): Confirmed 20010308.0481
Murray Valley encephalitis – Australia (South) 20000427.0635
Murray Valley encephalitis – Australia (W.A.) 19980419.0726

2011/01/14

mosquito-borne virus – heavy rains with flooding – eastern Australia

病名(or ウイルス名) 4種
Kunjin virus, Murray Valley encephalitis, Ross River fever, Barmah Forest virus では、特異的な治療やワクチンはないので、蚊に刺されないように気をつけることが極めて重要。
特に、2011年 ProMED-mail 20110113.0149, 20110106.0075 の記事は
オーストラリア最長で南東部を流れる河川 Murray River マレー川流域の蚊媒介ウイルス感染症に関するものです。

ProMED-mail Archive Number 20110113.0149
Published Date 13-JAN-2011
Subject PRO/AH/EDR> Ross River/Barmah Forest viruses – Australia (02): (SA)

Date: Tue 11 Jan 2011
Source: Sky News [edited]
URL http://www.skynews.com.au/local/article.aspx?id=562914&vId=

South Australia 南オーストラリア州で蚊媒介ウイルス増加。
Riverland area マレー川近くの地域の住民、休日の行楽客に警告 [警戒を指示] (同州当局)
2010年12月の ロスリバーウイルスおよびバルマ森林ウイルス感染症 70人(1年前 28人)。

ProMED-mail Archive Number 20110106.0075
Published Date 06-JAN-2011
Subject PRO/AH/EDR> Ross River/Barmah Forest viruses – Australia: (VI)

Date: Thu 6 Jan 2011
Source: The Border Mail [edited]
URL http://www.bordermail.com.au/news/local/news/general/chooks-protect-the-border/2040598.aspx
[Mod. TY氏解説:
In Eastern Australia, including Victoria state, unusually heavy rains with flooding may account for increased mosquito breeding.
]
オーストラリア連邦[南東部] ビクトリア州 [の北東] Murray Valley マレー川流域の町 Rutherglen [人口 2 502人] 近く Gooramadda に設置した “sentinel chickens” 定点のニワトリ 20羽 (マレー川沿いの町 10か所の家禽群れの1つ)。早期警戒システムとして利用 ( Sentinel Chicken Surveillance Program)。

トガウイルス科 (Togaviridae) アルファウイルス属 (Alphavirus)

Ross River fever ロスリバー熱 [ロスリバーウイルス感染症]
Barmah Forest virus バルマ森林ウイルス

フラビウイルス科 (Flaviviridae) フラビウイルス属 (Flavivirus) [*]

Murray Valley encephalitis マレーバレー脳炎 [ウイルス MVEV /オーストラリア脳炎] ( potentially deadly 死に至る可能性あり)

ここ 3か月でビクトリア州境、同州北東部の蚊の数は激増。
北東 Hume region 地域
URL http://www.dhs.vic.gov.au/operations/regional/hume
では、過去 3週間で
 ロスリバーウイルス感染症 3人
 バルマ森林ウイルス感染症 1人
報告された。
In the past 3 weeks, 3 cases of Ross River fever [virus infection] and one of Barmah Forest virus [infection] have been reported in the Hume region.

[* Kunjin virus クンジンウイルスを含む]

ProMED-mail アーカイブ
2011年
Ross River/Barmah Forest viruses – Australia (02): (SA) 20110113.0149 [当ブログエントリー]
Ross River/Barmah Forest viruses – Australia: (VI) 20110106.0075 [当ブログエントリー]

2010年
Ross River/Barmah Forest viruses – Australia: (NS) 20100513.1560
Kunjin/Barmah Forest/Ross River viruses – Australia (02): background 20100416.1228
Kunjin/Barmah Forest/Ross River viruses – Australia (WA) 20100414.1212

2009年
Ross River virus – Australia (03): (NT) 20090924.3356

Ross River virus – Australia (02): (NT) 20090923.3343
オーストラリア北部 特別地域 Northern Territory の住民に感染拡大している Ross River ウイルス感染症は 1990年以来最も患者数が多く 203人(2009年1月-3月)で、当地の降水量とその時期が急激な増加の原因の可能性あり。
5:46 PM Sep 23rd, 2009
Twitter http://twitter.com/TweetMedmail/status/4329777425

Ross River virus – Australia: (WA) 20090904.3120

2011/01/10

anthrax – human and bovine – Kalmykia and Krasnodar – Russia

Filed under: anthrax — support @ 8:49 PM

ProMED-mail Archive Number 20110109.0109
Published Date 09-JAN-2011
Subject PRO/AH/EDR> Anthrax, human, bovine – Russia (02): (KL)
Date: 3 Jan 2011
Source: News agency Kalmuykia-online, [in Russian, trans. Corr.ATS, edited]
URL http://www.rosbalt.ru/2011/01/02/806628.html

ロシア連邦 [南部連邦管区] Kalmykia カルムイク共和国 Gorodovikskoe ゴロドヴィコフスク地区(rayon)の農場の1つで 炭疽菌感染症発生。食肉処理した複数の cows [乳]牛のうち、1頭が炭疽陽性(検査確認)。接触した 12人入院中。

[南部連邦管区] Krasnodar クラスノダール地方の Beloglinskaya 地区(rayon) Uspenskaya ウスペンスカヤ村
URL https://outbreaks.biz/2010/09/26/anthrax-krasnodar-russia/
で、2010年秋 同様の発生があった。
炭疽で乳牛 3頭が死んだ。他の乳牛 19頭を殺処分 [2010年9月20日]。2010年9月29日時点で、皮膚炭疽のため 8人が入院した。しかし、検査による確定診断は(全患者で)行われていない。

trichinellosis – Novoselytskyi – Chernivtsi – Ukraine

Filed under: trichinellosis — support @ 6:16 PM

ProMED-mail Archive Number 20110109.0102
Published Date 09-JAN-2011
Subject PRO/AH/EDR> Trichinellosis – Ukraine: (CV), RFI

[1] Date: Thu 6 Jan 2011
Source: Interfax [in Russian, trans. Corr.ATS, edited]
URL http://www.interfax.com.ua/rus/main/57739/
[2] Date: Sun 9 Jan 2011
Source: Zik.com [machine translation, edited]
URL http://www.zik.com.ua/ua/news/2011/01/09/265634

ウクライナ西部 Chernivtsi Oblast チェルニウツィー州 Novoselytskyi (Novoselitse, Novoselytsia Kelmetskoho) ノヴォセリトシキィ 地区 [Raion, district]の村で、trichinellosis 旋毛虫症 (旋毛虫感染症, トリヒナ症, trichinosis) 発生。患者 3人(病状は良好)。

2011年1月6日、同村の複数の猟師、負傷した複数のイヌの血液検査を実施したが、感染はなかった。感染源調査中。
旋毛虫症についての獣医衛生学的検査後のみ、畜産物が市場に出るようにしている。
[Mods. EP/MPP氏解説:
Trichinellosis is common in Russia. This is the 1st report in ProMED of trichinellosis in the Ukraine [下記のアーカイブのとおり、この事例は 2件目です]. ]

2011年
Trichinellosis – Ukraine: (CV), RFI 20110109.0102 [当ブログエントリー]
2009年
Trichinellosis – Russia (04): (VR) badger meat 20091105.3821

ロシア Voronezh ヴォロネジ州の 1家族 8人が旋毛虫感染症(トリヒナ症)にかかった。当地域では珍しく、これまで報告はない。家族の長は アナグマ badgerの猟師で、脂肪には癒しの力があると言伝えがあり、肉は塩漬け、薫製となる。脂肪内に旋毛虫はいない。薫製の殺菌効果は不十分。
9:59 PM Nov 5th, 2009
Twittef http://twitter.com/TweetMedmail/status/5472120798

Trichinellosis – Russia (03): (KE), bear meat 20091023.3658
Trichinellosis – Russia (02): (ZB) dog meat 20090716.2539
Trichinellosis – Russia: (KX) 20090405.1312
Zoonotic disease trends 2007-2008 – Russia 20090103.0022

以前のアーカイブ省略

Trichinellosis – Ukraine (Zhitomirskaya)(02): corr. 20041228.3429
Trichinellosis – Ukraine (Zhitomirskaya) 20041228.3426
Archive Number 20041228.3426
Published Date 28-DEC-2004
Subject PRO/AH/EDR> Trichinellosis – Ukraine (Zhitomirskaya)
ウクライナ北部 ジトームィル州 Zhytomyrskaya
農場主が豚 1頭を個人消費のため食肉処理し、11人でブタ肉を分けた (or 一緒に食べた)。このうち、トリヒナ症で 4人入院。

4 cases of trichinellosis from swine have been registered in Jitomirskaya region. According to the Ministry of Agriculture, the infection came from a pig raised in the village of Korostishko, and the farmer had slaughtered the pig for private consumption. 11 people shared meat from the infected pig, and 4 were hospitalized with trichinellosis.

次ページへ »

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。